体の痛みと糖質制限

私が糖質制限食に注目したのは、血糖コントロールの悪い糖尿病の患者さんの肩の痛みは治りづらいという報告を見つけたためです。確かに、当院でもリハビリでなかなか治らない肩の痛みを訴える糖尿病の患者さんに糖質制限食指導をおこなったところ、みるみるうちに痛みが改善しました。高血糖と関節痛の間には密接な関連があるに違いないと考えた私は、痛みがなかなか消えないと嘆く難治性の腰痛や関節痛の患者さんにも適応を広げ、独自のリハビリ法とともに糖質制限食を実行してもらいました。すると、手術を受けても消えなかった頑固な痛みやしびれが軽くなり、「鎮痛薬がやめられた」「杖なしで歩けるようになった」などの喜びの声が多数寄せられたのです。 
当院では現在、薬や注射での治療は必要最小限にとどめ、一人ひとりの患者さんに適したオーダーメイドのリハビリ法や姿勢指導、靴のインソール(中敷き)の処方を行い、腰痛や関節痛の根治に役立ててもらっているのです。かし、中には、これらの治療を駆使しても痛みやしびれが取れないケースもあります。そんなとき糖質制限食を追加して行うと、慢性痛がすっかり消失してしまう例が多いのです。 
当院ですすめている糖質制限食では、一日二食(朝・晩)、あるいは一日三食(朝・昼・晩)で主食をやめ、おかずや間食でとる糖質も控えてもらいます。それとともに、関節組織の修復に不可欠のビタミンCや鉄分を十分に補うべく、肉・魚・葉物野菜をしっかり食べてもらいます。うして糖質制限食を正しく続けられると、早ければ一ヵ月、遅くとも三ヵ月ほどで症状改善の兆しが現れてくる場合が多いので、みなさんもできる範囲で糖質制限を始めてみてはいかがでしょうか。

栄養療法メニュー

お茶の水整形外科からのお知らせ
2017/05/15
院長が水前寺清子情報館「自分で治せる!ひざ痛の予防・解消法」(BSフジ)に出演しました。
2017/05/15
院長の記事「靴選びとインソール調整」がポスチャーしせいと生活(第一生命財団)に載りました。
2017/05/03
院長の記事「からだを動かして改善 腰痛ケア」がけんぽプラザ(インタープレス全国設計事務所健康保険組合)に載りました。
2017/05/01
院長の記事「扁平足について知ろう」が保健教材ニュース(インタープレス社)に載りました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
       
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
  鈴木
※3
横山
※4
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週水曜日9:30-18:30鈴木聡医師(東京医科歯科大学)
※4:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科グループ)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。