はじめてのご来院

 

初診の方はお電話かインターネットにて診察のお申込みをお願いします。痛みが強くすぐの診療をご希望の方は、その旨をお電話でお申し出頂くか直接来院頂き症状をお話しください。できるだけ早いご案内をスタッフ一同心がけます。

診療時間

平日 9:30-18:30

問診票

持ち物、服装

  1. 保険証:保険診療をご希望の方は、必ずご持参ください。
  2. 服装:リハビリご希望の方はゆったりしたズボンなど動きやすい服装で、足の診察をご希望の方はパンストなどは避け足を出しやすい服装でお越しください。
  3. 紹介状やMRI画像、血液検査の結果:あればご持参いただくと診療がスムーズに進みますが、無くても構いません。
  4. お薬手帳:他院からの薬の処方があれば、お薬手帳や処方箋をご持参ください。
  5. 靴:インソールの作成をご希望の方は、インソールを入れたい靴をご持参ください。インソールが取り外せる靴であれば、大抵インソールを入れることが可能です。

外国人患者の方へ

当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients

Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.

お茶の水整形外科からのお知らせ
2019/04/15
ゴールデンウイークの診療は、暦通り4月29日から5月6日まで休診となります。
2019/04/10
院長の書籍「難治性ひざ痛が消えた! 「 痛み ナビ体操」最新完全マスターDVDブック」がわかさ出版から出版されました。
2019/04/08
院長の記事「腰部脊柱管狭窄症 運動療法について専門医に聞きました」が通販生活(㈱カタログハウス)に掲載されました。
2019/03/23
院長の記事「“インソールを入れる”を習慣にしよう!」がWomen's Health(㈱ハースト・デジタル・ジャパン)に掲載されました。
https://womenshealth-jp.com/a-douya-doctor-20190322/
2019/03/21
院長の記事「スニーカーでも疲れる足は、アキレス腱が原因だった!」がWomen's Health(㈱ハースト・デジタル・ジャパン)に掲載されました。
https://womenshealth-jp.com/a-douya-doctor-20190321/
2019/03/20
院長の記事「『外反母趾』を悪化させないための対策は?」がWomen's Health(㈱ハースト・デジタル・ジャパン)に掲載されました。
https://womenshealth-jp.com/a-a-douya-doctor-20190320/

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察はご予約制ではなくいらしていただいた順番にご案内しております。
患者様の症状によってお呼びする順番も変わる場合がございますがどうかご了承ください。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
湯浅
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
   山内 ※3 堀江
※5
野呂瀬
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-13:00湯浅将人医師(東京医科歯科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30野呂瀬美生医師(東京医科歯科大学手の外科)
※当院は予約制ではありませんので、来院順にご案内しております。

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.