インソール 
72歳、女性、東京都、主婦

 左膝の内側に痛みが出たのは、20年前、坂道を下っていたときに右膝が突然痛みだし、それ以降、両ひざ痛に悩むようになりました。整形外科や整骨院を4、5軒変わり、ヒアルロン酸やステロイド(副腎皮質ホルモン)の注射を4ヵ月間にわたり受けましたが、だんだんと痛みが強くなってきて、注射をしても治まらなくなってきたので、お茶の水整形外科を受診しました。

 レントゲンを撮ると、右膝の内側の骨と骨のすき間が狭くなっているだけでなく、大腿骨の一部が陥没して、膝の骨がだめになって壊死している膝関節特発性骨壊死(えし)と言われました。O脚による膝の内側への負担を減らすため、銅冶先生はその場で両足の踵の外側部分に軍手を貼った外側ウェッジの軍手インソールを作成してくれました。二週間後の再診時には、歩きやすくなり、膝の痛みが半減しました。その後、オーダーメードのインソールを健康保険で作製し、家族の人にも、歩き方が変わったと言われました。銅冶先生によると、右膝の骨壊死そのものが治ったわけではないとのことですが、壊死した部分への負担を減らすことで、痛みを軽減できたようです。

患者様の声 インソールのケース

お茶の水整形外科からのお知らせ
2018/09/06
院長の記事「変形性股関節症の痛みに対するアプローチ」が月間デイに掲載されました。
2018/09/02
院長の記事「膝が痛いときはどうすればいい? 原因・症状・対処法」がフミナーズに掲載されました。
https://fuminners.jp/karada/14876/
2018/08/30
院長の記事「膝の痛みを改善する」が週刊文春に掲載されました。
2018/08/06
院長の記事「変形性膝関節症の痛みに対するアプローチ」が月間デイに掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察はご予約制ではなくいらしていただいた順番にご案内しております。
患者様の症状によってお呼びする順番も変わる場合がございますがどうかご了承ください。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
 山内 ※3 堀江
※5
横山
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。
※施設管理者:銅冶英雄

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.