医師紹介

院長:銅冶 英雄(どうや ひでお)

【ご挨拶】
私は20歳からぎっくり腰を繰り返し、腰痛がくせになっていました。研修医の頃には、腰痛のために回診車を歩行器の代わりにするという情けないことになっていました。そんな腰痛難民の私が自分で腰痛を克服した体験から、運動療法・靴・栄養療法を中心として、カラダの痛みを根本的に治す医療を実践しています。

長年の痛みであっても、あきらめることはありません。改善できると希望を持って、一緒に治療に取り組みましょう。

私も腰痛持ちだった

院長略歴

1968年 新潟生まれ
1994年 日本医科大学卒業後、千葉大学附属病院・成田赤十字病院・国立がんセンター中央病院・千葉県立こども病院・千葉リハビリテーションセンターなどで研修
2001年 米国ウイスコンシン医科大学留学、米国公認足装具士取得
2002年 千葉大学大学院医学研究院 神経生物学教室で疼痛の基礎研究
2004年 国際腰椎学会日本支部賞受賞
2005年 国際腰椎学会学会賞受賞
2006年 医学博士号:脊髄神経根でのc-Jun N terminal kinaseの疼痛への関与に関する研究
2007年 日本リハビリテーション医学会海外研修助成で、王立パース病院ベッドブルック脊椎ユニット留学
2008年 特許取得:四肢体幹に圧迫力を与えるための医療具
2010年 お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック開設
2011年 「首の痛み・肩こり・頭痛改善マニュアル」&「肩の痛み・四十肩改善マニュアル」翻訳出版
2013年 「あきらめない腰痛」監修出版
2014年 東京医科歯科大学非常勤講師、「どこでも腰痛体操」出版、「腰の脊柱管狭窄症が革新的自力療法痛みナビ体操で治った!」出版、「腰痛自力回復『痛みナビ体操』」監修出版、「頸椎症を自分で治す」出版、「もどきご飯ダイエット」出版、「腰痛治療0分革命」出版、靠腰健康操(どこでも腰痛体操の台湾版)出版
2015年 「背中ほぐし体操」出版、「腰痛を自力で治す本」出版、「自分で治す股関節痛」出版
2016年 「ひざの痛みナビ体操」出版、「3万人のひざ痛を治した痛みナビ体操」出版、「腰痛坐骨神経痛対策セミナーDVD」出版、「首の痛みナビ体操」出版、腰痛自療(腰痛治療0分革命の台湾版)出版、頸痛革命!速效頸椎自癒操(頸椎症を自分で治す!の台湾版)出版
2017年 「ひざ痛対策セミナーDVD」出版、「自分で治す坐骨神経痛」出版、「4万人の腰部脊柱管狭窄症を治した!腰の痛みナビ体操」出版
2018年 スイスイ歩ける! 銅冶式・らくらく膝サポーター出版、Dr.クロワッサン 関節痛を自分で治す出版、脊柱管狭窄症 5万人が自分で治した! 痛みナビ体操DVDブック!出版、根治膝痛膝力重生(3万人のひざ痛を治した!痛みナビ体操の台湾版)出版

資格
医師、医学博士、米国公認足装具士、日本整形外科学会専門医、認定リウマチ医、認定脊椎脊髄病医 
日本リハビリテーション医学会専門医、日本リウマチ学会専門医

所属学会 
日本リハビリテーション医学会、日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本足の外科学会、日本義肢装具学会、日本靴医学会

学会役員 
日本足の外科学会評議員、日本義肢装具学会評議員、関東足の外科研究会世話人

論文

  • 銅冶英雄 靴選びとインソール調整 Posture 2017 24;44;33-39
  • 銅冶英雄 くるぶしが痛い、はれた Journal of Integrated medicine 2014 24;3:230-33
  • 銅冶英雄 足関節・足部・足趾の運動の表現方法の統一を目指して Bone Joint Nerve 2012 2;4:603-12
  • Doya H, Haraguchi N, Niki H, Takao M, Yamamoto H; Ad Hoc Committee on Terminology of the Japanese Society for Surgery of the Foot.
    Proposed novel unified nomenclature for range of joint motion: method for measuring and recording for the ankles, feet, and toes.
    J Orthop Sci. 2010 Jul;15(4):531-9.
  • 銅冶英雄、東山礼二、高橋和久 アキレス腱損傷術後後療法 Monthly Book Orthopaedics, 全日本病院出版会, 東京, 2009
  • 銅冶英雄、吉永勝訓 機能評価法と評価尺度 運動器リハビリテーション実践マニュアル:pp73-85 全日本病院出版会, 東京, 2008
  • 銅冶英雄、村田淳、浅野由美、守屋秀繁、吉永勝訓 足部運動表示における内がえし(inversion)/外がえし(eversion)の定義―triplane motionか、 coronalplane motionか?― リハビリテーション医学2007 44;5:286-92
  • Doya H, Ito T, Hata K, Fujitani M, Ohtori S, Watanabe TS, Moriya H, Takahashi K, Kubo T, Yamashita T
    Induction of repulsive guidance molecule in neurons following sciatic nerve injury.
    J Chem Neuroanat 2006 Aug;32(1):74-7. Epub 2006 Jul 24.
  • Doya H, Ohtori S, Fujitani M, Saito T, Hata K, Ino H, Takahashi K, Moriya H, Yamashita T
    c-Jun N-terminal kinase activation in dorsal root ganglion contributes to pain hypersensitivity.
    Biochem Biophys Res Commun. 2005 Jul; 335(28); 132-8
  • Doya H, Ohtori S, Takahashi K, Aoki Y, Ino H, Takahashi Y, Moriya H, Yamashita T
    Extracellular signal-regulated kinase mitogen-activated protein kinase activation in the dorsal root ganglion (DRG) and spinal cord after DRG injury in rats.
    Spine. 2005 Oct 15;30(20):2252-6.
  • 銅冶英雄、亀ヶ谷真琴、西須孝、守屋秀繁、先天性内反足に対する距骨下全周解離術後の継手付短下肢装具の経験 日本小児整形外科学会雑誌2003 12;1/2,57-60
  • Douya H, Yokoyama R, Beppu Y, Hasagawa T
    Malignant fibrous histiocytoma associated with diaphyseal medullary stenosis.
    Clin Orthop Relat Res. 2002 Jul;(400):211-6.
  • 銅冶英雄、横山良平、別府保男、梅田透、鬼頭正士、泉貞有、長谷川匡 悪性化傾向のある家族性骨異型性症の患者に発生した大腿骨の二次性悪性線維性組織球腫の1例 骨系統疾患研究の最先端2002 62-64
  • Douya H, Saegusa O, Saito M, Kita T, Koizumi W, Kobayashi T, Murakami M
    Cauda equina clear cell meningioma without dural attachment: report of two cases
    Chiba Med J. 2001 Aug;77(4):249-53.
  • 銅冶英雄、三枝修、斎藤正仁、喜多恒次、小泉渉、小林照久、小林英夫 特発性低髄液圧症候群の1例―ミエログラム、CTM、MRIの特徴的所見― 千葉医学2000 76;181-85
  • 銅冶英雄、原田義忠、神川康也、安部功、老沼和弘、赤松利信、守屋秀繁、Harris-Galante Porus CupにおいてLocking Mechanismの折損をきたした2例 臨床整形外科2000 35;8,929-33

非常勤医師

大川 淳 (おおかわ あつし)
東京医科歯科大学大学院 整形外科学教授
不定期 水曜日 9:40-13:30
専門:脊椎脊髄外科

高石官成 (たかいし ひろなり)
東京医科大学硬組織分化制御学教授
毎週月曜日 9:40-13:00、15:30-18:30
専門:脊椎脊髄外科

堀江 雅史 (ほりえ まさふみ)
杏雲堂病院(東京医科歯科大学大学院 整形外科)
毎週水曜日 15:30-18:30
専門:下肢関節外科

横山 裕之 (よこやま ひろゆき)
東京医科歯科大学大学院 整形外科
毎週木曜日 15:30-18:30
専門:上肢外科

山内 かづ代 (やまうち かづよ)
東京女子医科大学 整形外科
毎週火曜日 15:30-18:30
専門:腰椎外科

 

お茶の水整形外科からのお知らせ
2018/09/06
院長の記事「変形性股関節症の痛みに対するアプローチ」が月間デイに掲載されました。
2018/09/02
院長の記事「膝が痛いときはどうすればいい? 原因・症状・対処法」がフミナーズに掲載されました。
https://fuminners.jp/karada/14876/
2018/08/30
院長の記事「膝の痛みを改善する」が週刊文春に掲載されました。
2018/08/06
院長の記事「変形性膝関節症の痛みに対するアプローチ」が月間デイに掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察はご予約制ではなくいらしていただいた順番にご案内しております。
患者様の症状によってお呼びする順番も変わる場合がございますがどうかご了承ください。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
 山内 ※3 堀江
※5
横山
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。
※施設管理者:銅冶英雄

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.