非特異的腰痛
(ひとくいてきようつう)

日本整形外科学会が様々な研究結果をまとめた「腰痛診療ガイドライン」によると、骨折や腫瘍などの原因がはっきうりしている腰痛に対して、原因がわからない腰痛が全体の85%にも及び、「非特異的腰痛」と呼ばれます。 「腰痛診療ガイドライン」に沿って原因別に腰痛を分類すると、脊椎に原因があるもの、神経に原因があるもの、内臓に原因があるもの、血管に原因があるもの、心に原因があるものに分けられます。

脊椎には椎体といわれる骨や椎間板といわれる軟骨、椎間関節といわれる背骨の関節、仙腸関節といわれる骨盤の関節、脊髄や馬尾あるいは神経根といわれる神経、背骨周りの筋肉など様々な組織が存在します。原因がわからないのは、これらのどの組織が痛みの原因かを特定するのが難しいためなのです。

痛みを抑える方法としては、痛み止めの薬を用いるのが一般的です。しかし、「腰痛診療ガイドライン」でも痛み止めだけを漫然と用いるのはよくないとされ、これでは根本的な腰痛治療にはなりません。腰は動く時の要になるところなので、運動療法が根本治療の役に立ちます。

お茶の水整形外科からのお知らせ
2019/03/21
院長の記事「スニーカーでも疲れる足は、アキレス腱が原因だった!」がWomen's Health(㈱ハースト・デジタル・ジャパン)に掲載されました。
https://womenshealth-jp.com/a-douya-doctor-20190321/
2019/03/20
院長の記事「『外反母趾』を悪化させないための対策は?」がWomen's Health(㈱ハースト・デジタル・ジャパン)に掲載されました。
https://womenshealth-jp.com/a-a-douya-doctor-20190320/
2019/02/19
院長の記事「もしかしたらそれ、病気かも。本当は怖い女性の足トラブル」がWomen's Health(㈱ハースト・デジタル・ジャパン)に掲載されました。
https://womenshealth-jp.com/a-douya-doctor-20190319/
2019/03/02
院長の記事「日本人に多いO脚の変形性膝関節症」が夕刊フジ(産業経済新聞社)に掲載されました。
2019/03/01
院長の記事「開張足に自家製軍手インソール」が夕刊フジ(産業経済新聞社)に掲載されました。
2019/02/27
院長の記事「股関節痛を治す簡単!4つの体操」が毎日が発見3月号(㈱毎日が発見)に掲載されました。
2019/02/11
ジャパンライム㈱より、理学療法士向けDVD「痛みナビ体操~ 脊柱管狭窄症をはじめとした腰痛を改善する ~」が発売されました。
http://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gr2157/gd8529
2019/01/13
院長の記事「ベジライスダイエット」が日経ヘルス2月号(日経BP)に掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察はご予約制ではなくいらしていただいた順番にご案内しております。
患者様の症状によってお呼びする順番も変わる場合がございますがどうかご了承ください。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
湯浅
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
   山内 ※3 堀江
※5
横山
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-13:00湯浅将人医師(東京医科歯科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。
※施設管理者:銅冶英雄

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.