頚椎椎間板ヘルニア
(けいついついかんばんヘルニア)

椎間板は骨と骨の間にある軟骨で、衝撃を吸収するクッションの役割と背骨のつなぎ目として背骨全体の動きを出す役割があります。椎間板は外側の線維からなる線維輪と、その中のゼリー状の髄核から構成されています。椎間板は姿勢や動作の影響で負担がかかりますが、髄核がずれて線維輪に亀裂が入り、髄核が押し出されたものを椎間板ヘルニアと呼びます。30~50歳代に多く、悪い姿勢での仕事や、スポーツなどが誘引となることがあります。

症状
ヘルニアが神経根を圧迫すると、首や肩、腕に痛みやしびれを生じます。真ん中に突出し脊髄を圧迫すると、箸やボタンなどの手指の細かな運動がしづらくなったり、歩行障害や頻尿、尿閉、尿失禁または便秘などの膀胱直腸障害が出現したりします。
診断
首や肩あるいは腕に痛みやしびれがあることと、頸椎を後方に反らせたり横に曲げたりすると、痛みやしびれが増強することや、手足の感覚や力が弱いこと、手足の腱反射の異常などで診断します。レントゲンでは椎間板腔の狭小化がみられることもありますが、明らかな異常が認められないこともあります。MRIで椎間板の突出が認められれば、ヘルニアを確認できます。
治療
トリガーポイントブロック・硬膜外ブロック・星状神経節ブロックは、いずれも症状を抑えるための対症療法で、痛みが強いときには有効ですが、注射による感染などの副作用が出ることもあるので漫然と繰りかえすべきものではありません。神経根ブロックは、神経根という神経に麻酔剤を注射するもので、治療だけでなく原因部位を特定するための診断にも用いられます。脊髄の圧迫による神経障害で、箸やボタンなどの手指の細かな運動がしづらくなったり、歩行障害や頻尿、尿閉、尿失禁または便秘などの膀胱直腸障害が出現したりした場合には手術を要する場合もあります。
ニュース
2020/01/12
院長の書籍「決定版! 関節痛を自分で治す名医のワザ」が宝島社から出版されました。
2019/12/30
院長の記事「脊柱管狭窄症には痛みナビ体操」がエイムック4530(エイ出版社)に掲載されました。
2019/12/08
院長の記事「やせ型ほど骨粗鬆症・骨折・寝たきりに」が週刊現代12月7・14日号(講談社)に掲載されました。
2019/12/07
院長の記事「肩こりがつらいんです」がエッセ2020.1(㈱フジテレビジョン)に掲載されました。
2019/12/04
院長の記事「腰痛・肩こりセルフケア」が健康通信2019.10(㈱富士薬品)に掲載されました。
2019/11/29
院長の記事「関節痛と上手に付き合って元気に長く歩きましょう」がマストオーナーズ2019AW(積和不動産㈱)に掲載されました。
2019/10/29
院長の記事「気になる骨の健康状態を確認」がアンアン No.2173(マガジンハウス)に掲載されました。
2019/10/25
院長の記事「腰痛、ひざ痛、関節痛」がプレジデント11月15日号(プレジデント社)に掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察は予約制ではありません。事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
湯浅
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

17:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

17:30
   山内 ※3 堀江
※5
野呂瀬
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-13:00湯浅将人医師(東京医科歯科大学)
※3:毎週火曜日15:30-17:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-17:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-17:30野呂瀬美生医師(東京医科歯科大学手の外科)
※当院は予約制ではありませんので、来院順にご案内しております。

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.