よくある質問 装具編

インソールはどんな靴にでも入れられますか?
インソールにはある程度の厚みがありますので、もともと入っているインソールを取り外せる靴でないとインソールを入れることはできません。インソールを取り外せる靴であれば、大抵の靴にインソールを入れ替えることはできます。
大き目の靴であれば、インソールを入れられますか?
本来の足のサイズより大きい靴にインソールを入れると、足が靴の中で動いてしまい足に合わせて作成したインソールの効果が発揮されなくなってしまいます。足のサイズに合った大きさの靴で、もともと入っていたインソールを取り外せる靴が必要です。
インソールを作ったら、その靴にしかインソールは使えませんか?
インソールを取り外せる靴であれば、よほど形が変わった靴でなければ、大抵の靴にインソールを入れ替えることはできます。インソールを入れたい靴がいくつかあれば、型採りのときにその靴を持ってきてください。
インソールだけでなく、靴も健康保険で作ることができますか?
外反母趾や扁平足といった病気は、大抵の場合はインソールのみが健康保険の適応となります。インソールを入れられる靴をお持ちでなければ、自費でご案内します。足の変形が強い場合には、靴型装具として靴とインソールを作ることもできます。
外反母趾の変形をインソールで治すことができますか?
インソールでは外反母趾の変形を治すことはできませんが、インソールを履くことで横アーチを矯正して、外反母趾の痛みを改善することはできます。外反母趾の変形を治すには手術が必要になります。
外反母趾を体操で治すことができますか?
残念ながら外反母趾の変形を体操で治すことはできません。世間には足の体操はいろいろありますが、外反母趾の変形を治せる体操は医学的には明らかになっていません。変形を治すには手術になりますが、インソールを入れることで痛みを改善することができます。
外反母趾のテーピングを教えて貰うことができますか?
外反母趾のテーピングは健康保険で認められてなく、当院でもテーピングは行っておりません。テーピングは一時的には効果はあるかもしれませんが、外反母趾の変形を根本的に治すものではなく、長期にテーピングを続けると皮膚がかぶれることもあります。
扁平足をインソールで治すことができますか?
インソールで土踏まずを支えて扁平足を矯正することはできますが、裸足になるとまた扁平足になってしまいます。インソールを履いたからといって扁平足が治るわけではありませんが、扁平足による痛みや疲れやすさを改善することはできます。
扁平足を体操で治すことができますか?
残念ながら扁平足を体操で治すことはできません。世間には足の体操はいろいろありますが、扁平足を治せる体操は医学的には明らかになっていません。インソールを入れることで扁平足を矯正して、痛みや疲れやすさを改善することはできます。
インソールで腰痛を治せますか?
残念ながら、インソールで腰痛を治すことはできません。腰痛には腰の体操が有効で、リハビリでご指導できます。
インソールで膝痛を治せますか?
膝のO脚やX脚といった変形からくる膝の痛みには、インソールで膝痛を緩和することができます。
インソールを作るのに診察が必要なのですか?
健康保険でインソールを作るのであれば、診察で医師の診断により、装具作製の指示を出すことが必要です。インソールが出来たら、医師がインソールの適合を確認して装着証明書を発行します。インソールをしばらく(約1ヵ月)履いた後にも診察を行い、必要に応じてインソールの修正を行います。
インソールをもう1足作れますか?
健康保険は治療が目的なので、インソールを1足しか作れません。インソールをもう1足欲しい場合は、自費で作ることができます。

その他のご質問はこちらからお問い合わせ下さい

ニュース
2019/09/16
院長の講演会「痛みナビ体操で坐骨神経痛を改善」が朝日カルチャー新宿教室で11/23 土曜 13:00-14:30に開催されます。
2019/09/15
院長の記事「腰・ひざの痛みは自分で治せる!」がハルメク201910月号(株式会社ハルメク)に掲載されました。
2019/09/11
院長は足の外科学会参加のため9月27日(金)は不在となり、代診の医師(AM堀江医師、PM山内医師)の診察となります
2019/09/10
院長の記事「腰やひざの痛みをとって100歳まで歩ける体を作る」が月刊清流10月号(清流出版株式会社)に掲載されました
2019/09/04
院長の記事「3つの痛みナビ体操で頑固な腰痛よサラバ」が日刊ゲンダイ(日刊現代)に掲載されました
2019/08/30
院長の記事「 知っておきたい五十肩の真実」がエクラ10月号(集英社)に掲載されました
2019/08/26
院長の記事「首腰すっきり体操」が週刊朝日増刊号ハレやか10月号(朝日新聞出版)に掲載されました。
2019/08/20
院長の記事「転んで死ぬことになった60代以上の人たち」が週刊現代8月24・31日号(講談社)に掲載されました。
2019/08/19
院長の記事「ひざの痛み」が栄養と料理9月号(女子栄養大学出版部)に掲載されました。
2019/08/15
院長の記事「体重1㎏減で片足への負担が2~3㎏軽くなる」が日刊ゲンダイ(日刊現代)に掲載されました。
2019/08/08
院長の記事「腰の痛みナビ体操が効く3タイプの見つけ方とやり方」が日刊ゲンダイ(日刊現代)に掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察は予約制ではありません。事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
湯浅
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

17:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

17:30
   山内 ※3 堀江
※5
野呂瀬
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-13:00湯浅将人医師(東京医科歯科大学)
※3:毎週火曜日15:30-17:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-17:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-17:30野呂瀬美生医師(東京医科歯科大学手の外科)
※当院は予約制ではありませんので、来院順にご案内しております。

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.