強剛母趾
(きょうごうぼし)

母趾の付け根の関節が変形して動きが悪くなる状態で、母趾が背屈できなくなります。原因は母趾の根元の関節が磨り減って、骨棘という骨の変形がおこり、足を蹴りだす時に母趾の付け根に痛みを生じます。

診断
母趾の付け根の関節が腫れて、母趾を背屈させると痛みが出ます。レントゲンでは母趾の付け根のMTP関節の関節裂隙の狭小化と骨棘の形成がみとめられます。
治療
消炎鎮痛剤などの痛み止めの内服は痛みを抑えるための対症療法であり、長期間続けるべきではありません。関節の変形がまだ軽いときは、リハビリで動きや痛みが改善する可能性がありますが、変形がひどくなるととMTP関節を動かさなくてもあるけるような硬いインソールや、靴のロッカー・ソール加工が必要になります。

整形外科の病気一覧

お茶の水整形外科からのお知らせ
2017/08/15
夏季休暇明けの815日(火)からは、通常の診療を行ないます。
2017/08/15
骨密度測定器DEXAを導入しました。
2017/07/05
院長の記事「膝と腰を痛める体操」が週刊現代(講談社)に載りました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
       
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
  鈴木
※3
横山
※4
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週水曜日15:30-18:30鈴木聡医師(東京医科歯科大学膝関節グループ)
※4:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科グループ)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。