リハビリ

側方屈改善型腰痛

 

前屈運動と後屈運動を行っても、痛みが改善しなかった人は、側方運動を行います。側方運動は、腰幅に足を開いて立った姿勢で、横に腰をずらしていきます。側方運動には、右側方と左側方がありますが、左右両方の運動をおこなうのではなく、最初は強い痛みがある側と逆方向にお尻をずらしてください。例えば左足が痛い人は右方向にお尻をずらします。このお尻ずらしを10回行って、先程の三項目で痛みが改善したかどうかを確認します。一〇回行った直後に痛みが改善したなら、「側方屈改善型腰痛(右改善型)」と分類されます。右側方運動刺激を継続するために右お尻ずらしに進みます。

右側方運動で痛みが不変・悪化の人は、今度は逆の痛みがある方向(左足が痛い人は左方向)にお尻をずらす運動を10回行って、先程の三項目で痛みが改善したかどうかを確認します。左側方運動で改善したら、左側方改善型腰痛と診断し、左側方運動刺激を継続するために左お尻ずらしに進みます。

痛みのない右方向にお尻ずらしを行っても、痛みが変わらなかったり痛みが強まったりした場合は、痛みのある左方向へのお尻ずらしを一〇回行ってください。それで、痛みが改善すれば「側方屈改善型腰痛(左改善型)」に分類されます。側方改善型腰痛は、治療が進むにつれて前屈改善型腰痛か後屈改善型腰痛に移行することが多いので、その都度「痛みナビ診断」によるタイプ判定を行ってください。

痛みナビ診断の最大の特徴は、自分の中に信頼できるナビゲーションシステムを持っていることに気づいてもらうことです。それはあたかもGPS(全地球測位システム)衛星からの信号を頼りに現在地と望ましい経路を示し、私たちを目的地へと導いてくれる自動車のカーナビの様なので、痛みナビ体操と名づけました。痛みという感覚は自分の中に備わっている、最高のナビゲーションシステムです。カーナビと違って壊れることも無く、生きている間は生存のために日夜働いています。狭窄症を根治へと導くために、ぜひ多くのみなさんに活用してほしいと思います。

お茶の水整形外科からのお知らせ
2019/05/18
院長の記事「壁ドン体操で長引く腰痛をスッキリ解消」がヘルスアンドライフ6月号(法研)に掲載されました。
2019/05/10
院長の書籍「ビジュアル版坐骨神経痛の痛み・しびれが消える本」が羊泉社から出版されました。
2019/05/08
院長の記事「扁平足を救うのはインソール」がアンアン No.2169(マガジンハウス)に掲載されました。
2019/04/10
院長の書籍「難治性ひざ痛が消えた! 「 痛み ナビ体操」最新完全マスターDVDブック」がわかさ出版から出版されました。
2019/04/08
院長の記事「腰部脊柱管狭窄症 運動療法について専門医に聞きました」が通販生活(㈱カタログハウス)に掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察は予約制ではありませんが、事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
お名前を登録していただくと、事前にカルテを準備し、受付での待ち時間を少しでも短くすることができます。また同じ時間帯に来院される患者様の人数をご案内差し上げ、診察の待ち時間のご参考にしていただくことができます。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
湯浅
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
   山内 ※3 堀江
※5
野呂瀬
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-13:00湯浅将人医師(東京医科歯科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30野呂瀬美生医師(東京医科歯科大学手の外科)
※当院は予約制ではありませんので、来院順にご案内しております。

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.