頚椎椎間板症
(けいついついかんばんしょう)

椎間板は骨と骨の間にある軟骨で、衝撃を吸収するクッションの役割と背骨のつなぎ目として背骨全体の動きを出す役割があります。椎間板は外側の線維からなる線維輪と、その中のゼリー状の髄核から構成されています。椎間板は姿勢や動作の影響で負担がかかりますが、髄核がずれて線維輪に亀裂が入る痛みが生じ、その状態が続くと徐々に椎間板の水分が減少して変性を起こし、クッションとしての機能が低下することがありますが、こうした状態を頚椎椎間板症と呼びます。

症状
症状は首の痛みで、寝違えのように急激に痛みが出ることもあれば、長期間慢性的に痛みが続くこともあります。痛みが無くても、首や肩のこりや違和感、あるいは首の動きの悪さとして自覚するときもあります。首を前に曲げたりや後ろに反ったとき、あるいは捻ったときに痛みが強くなることが多いのですが、どの動きで腰痛が出るかは人によって異なります。上肢の痛みやしびれは無く、上肢の症状があるときは頸椎椎間板ヘルニアが疑われます。
診断
首の痛みがあることと、首の動きで痛みが変化すること、および上肢の痛みやしびれがないことで診断できます。レントゲンでは椎間板腔の狭小化がみられることもありますが、明らかな異常が認められないこともあります。MRIでは椎間板の水分が減ることでの変性が認められることがありますが、初期の段階ではMRIでも異常がないこともあります。
治療
痛みが強い時期には、消炎鎮痛剤などの痛み止めの内服と、首の安静保持を心がけ、頚椎カラー装具を用いることもあります。牽引や電気治療あるいは温熱などの物理療法やマッサージやハリ治療は、一時的に腰痛や坐骨神経痛を軽くすることはありますが、しばらくするとまた痛みが出てきます。整体やカイロプラクティックは、瞬間的に強い力を加えるのでかえって痛みが強くなる危険性があります。
お茶の水整形外科からのお知らせ
2019/05/18
院長の記事「壁ドン体操で長引く腰痛をスッキリ解消」がヘルスアンドライフ6月号(法研)に掲載されました。
2019/05/10
院長の書籍「ビジュアル版坐骨神経痛の痛み・しびれが消える本」が羊泉社から出版されました。
2019/05/08
院長の記事「扁平足を救うのはインソール」がアンアン No.2169(マガジンハウス)に掲載されました。
2019/04/10
院長の書籍「難治性ひざ痛が消えた! 「 痛み ナビ体操」最新完全マスターDVDブック」がわかさ出版から出版されました。
2019/04/08
院長の記事「腰部脊柱管狭窄症 運動療法について専門医に聞きました」が通販生活(㈱カタログハウス)に掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察は予約制ではありませんが、事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
お名前を登録していただくと、事前にカルテを準備し、受付での待ち時間を少しでも短くすることができます。また同じ時間帯に来院される患者様の人数をご案内差し上げ、診察の待ち時間のご参考にしていただくことができます。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
湯浅
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
   山内 ※3 堀江
※5
野呂瀬
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-13:00湯浅将人医師(東京医科歯科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30野呂瀬美生医師(東京医科歯科大学手の外科)
※当院は予約制ではありませんので、来院順にご案内しております。

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.