腰椎椎間板ヘルニア
(ようついついかんばんヘルニア)

椎間板は骨と骨の間にある軟骨で、衝撃を吸収するクッションの役割と背骨のつなぎ目として背骨全体の動きを出す役割があります。椎間板は外側の線維からなる線維輪と、その中のゼリー状の髄核から構成されています。椎間板は姿勢や動作の影響で負担がかかりますが、髄核がずれて線維輪に亀裂が入り、髄核が押し出されたものを椎間板ヘルニアと呼びます。働き盛りの世代に好発し、第4第5腰椎間や第5仙骨間といった下位腰椎に生じることが多いです。

症状
腰痛や坐骨神経痛と言われる足の痛みが起こりますが、腰痛がなく足の痛みだけのときもあります。神経の圧迫が強くなるとマヒが起こり下肢の力が入りにくくなり、排尿や排便の障害を生じることもあります。腰の動きで症状が変化することがあり、一般的には腰を曲げる前屈運動で悪化し、腰を反らす後屈運動で改善するといわれますが、それは症例を時期によって異なり、一概にはいえません。
診断
腰痛や坐骨神経痛があることと、あお向けに寝て膝を伸ばした状態で片方ずつ足を持ち上げていく下肢伸展挙上検査(SLRテスト)では、神経が伸ばされて下肢の痛みを訴えることで診断できますが、SLRテストは全例で陽性となるわけではなく、高齢者では下肢の痛みが誘発されることはあまりありません。レントゲンでは椎間板腔の狭小化がみられることもありますが、明らかな異常が認められないこともあります。MRI検査で椎間板の突出が認められれば、ヘルニアを確認できますが、MRIで椎間板の突出が見られたからといって必ずしも腰痛や坐骨神経痛が出るわけではなく、症状と画像所見が一致しないこともよくあります。
治療
ヘルニアは2~6ヶ月で自然消退することがあります。トリガーポイントブロックや、背骨の硬膜外腔に注射する硬膜外ブロックと仙骨から硬膜外腔に注射する仙骨硬膜外ブロックなどは、いずれも症状を抑えるための対症療法で、痛みが強いときには有効ですが、注射による感染などの副作用が出ることもあるので漫然と繰りかえすべきものではありません。神経根ブロックは、神経根という神経に麻酔剤を注射するもので、治療だけでなく原因部位を特定するための診断にも用いられます。脊柱管を埋め尽くすような巨大ヘルニアで、神経麻痺が進行して足が動かなくなった場合や排尿、排便障害がでてくるような場合には、48時間以内の緊急手術が必要です。保存的治療をおこなっても下肢の痛みが治らない場合や、痛みが強くて日常生活に支障がある場合にも手術をすることがあります。手術では、背中を切って背骨の一部を削り、椎間板を取り除く椎間板切除術がよく行われていますが、最近では小さな傷で手術を行う顕微鏡下椎間板切除術(micro-discectomy: MD)や内視鏡下椎間板切除術(micro-endoscopic discectomy: MED)がおこなわれることもあり、手術の傷が小さく手術翌日から歩行でき、入院は5日から1週間程度です。ヘルニアを直接切除するので、腰痛や坐骨神経痛を改善する効果はありますが、保存的治療で治療した場合よりも再発率が高いことが知られていますので、手術後にきちんとしたリハビリをおこなうことが大切です。

整形外科の病気一覧

お茶の水整形外科からのお知らせ
2017/12/18
年末年始の休業は12月28日~1月3日です。年末は12月27日13時まで診療を行ない、年始は1月4日より通常の診療を行ないます。
2017/11/26
院長の講演会「『痛みナビ体操』でひざ痛解消」が朝日カルチャーセンター(湘南教室)で、2018年 2/10土曜 15:30-17:00に行われます。
https://goo.gl/otHveN
2017/11/25
院長の記事「腰足の気になる痛み解消します」がおとなスタイル(講談社)に載りました。
2017/11/21
院長の記事「気鋭の医師腰痛治療」が日刊ゲンダイに載りました。
2017/11/13
TBSラジオ「生島ヒロシの健康一直線」に院長が出演します。
2017/11/3
「第25回日本腰痛学会」で院長と理学療法士青木が発表しました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
       
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
  鈴木
※3
横山
※4
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週水曜日15:30-18:30鈴木聡医師(東京医科歯科大学膝関節グループ)
※4:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科グループ)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。