「慢性疾患などを有する定期受診患者に対して、電話(情報通信機器)を用いて診察し医薬品の処方を行い、ファクシミリなどで処方箋情報を送付可能(2020.2.28)」との厚労省の通知がでました。

定期処方・新規処方をご希望の患者様は当院にお電話(03-5577-6655)にてお問合せ下さい。

※初診の方のご案内→こちら

※リハビリご予約・キャンセルのご案内→こちら

※リハビリのお時間に遅刻するご連絡→こちら

「慢性疾患などを有する定期受診患者に対して、電話(情報通信機器)を用いて診察し医薬品の処方を行い、ファクシミリなどで処方箋情報を送付可能(2020.2.28)」との厚労省の通知がでました。

定期処方・新規処方をご希望の患者様は当院にお電話(03-5577-6655)にてお問合せ下さい。

※初診の方のご案内→こちら

※リハビリご予約・キャンセルのご案内→こちら

※リハビリのお時間に遅刻するご連絡→こちら

後脛骨筋機能不全
(こうけいこつきんきのうふぜん)

中高年の女性が内くるぶしの腫れや痛みを訴える場合、まず念頭に置かなければいけないのが後脛骨筋機能不全です。診断はまず患者を両膝が正面を向いた状態で、裸足で立たせることから始まります。前方からの所見では、内くるぶしの腫れや偏平足がみられ、後方から観察すると後足部の外反がみとめられます。内くるぶしの下から後方にある後脛骨筋の走行に沿って触診すると圧痛があることもありますが、病態が進行して後脛骨筋が伸びきってしまうと圧痛はみられないこともあります。初期ではレントゲンの異常はないのですが、MRIでは後脛骨筋腱内の輝度変化や腱周囲の水腫がみとめられ確定診断が可能です。変形が進行するとレントゲンで足関節の関節裂隙の狭小化がみとめられ変形性足関節症に進行し、MRIでは後脛骨筋腱の断裂がみとめられることもあります。

分類
後脛骨筋機能不全は様々な臨床所見が合わさった症候群で、痛みはあるが機能は保たれたステージ1から、運動機能が失われ変形が著名なステージ4までのステージ分類があります。ステージ1は、内くるぶしの先端から後方にかけての腫脹と疼痛があり、後脛骨筋腱の炎症が痛みを引き起こしているが、後脛骨筋腱の長さは保たれており運動機能は正常で変形も来たしていない状態です。ステージ2は、後脛骨筋腱は変性により伸張した状態で、荷重時には後足部が外反するが、変形は徒手的に矯正可能です。ステージ3は、後脛骨筋腱は完全に伸びきってその運動機能が完全に失われ、関節の変形が固まった状態です。前足部の内反変形と後足部の外反変形は著明で、徒手的な矯正は不可能です。ステージ4は、足関節への慢性的な外反負荷により、足関節の変形を来たした状態である。距骨の外反変形がみとめられます。
治療
治療は後脛骨筋に負担をかけないことが基本で、安静と装具療法を中心におこないます。痛み止めは短期間にとどめ、ステロイドの局所注射は腱組織の危弱性を促進するので行うべきではありません。ステージ1で痛みが軽いときはテーピング固定や伸縮性のあるサポーターで治療可能ですが、痛みが強い場合は2週間のU字型のシーネ固定後、1-2ヶ月のU字支柱の短下肢装具使用が必要です。ステージ2では、後足部を矯正した状態でのU字支柱の短下肢装具を2-3ヶ月使用し、疼痛が落ち着いたら内側ウエッジの付いた足底装具を継続的に装用します。ステージ3と4は、関節の安静と変形の進行を予防する目的で変形したそのままの型でウォーキングブーツタイプの短下肢装具、もしくは内側にフレアの付いたチャッカタイプの靴型装具で疼痛の軽減を図ります。関節の変形のために痛みが強い場合は、腱や靭帯(じんたい)を移行する手術やアキレス腱を延長する手術のほかに、骨に操作を加えて関節を固定する手術や骨切り術などが行われることがあります。
ニュース
2020/03/15
院長の記事「物を持ち上げた瞬間腰に激痛が…」がオレンジページ(㈱オレンジページ)に掲載されました。
2020/03/15
テレビ東京 「芸能人を救った名医たち!私のベストドクター」で院長の腰痛体操がオンエアされました。
2020/03/05
当院は感染症指定医療機関ではないため、原則として新型コロナウイルス感染症の患者様の受診はできません。当院に外来受診予定の方で以下に該当する方は、政府の「新型コロナウイルス感染症の基本方針」に基づき受診を見合わせていただきます。
  1. 14日以内に、中国・イラン・韓国・北イタリアに渡航または居住していた方
  2. 風邪の症状、だるさや37.5度以上の発熱がある方(解熱剤を飲んでいる方も同様)
  3. 新型コロナウイルス感染症の患者さんと接触歴のある方
上記の判断が難しい場合には、お電話(03-5577-6655)でご連絡ください。
2020/02/28
院長の記事「「ひざ痛」はタイプがわかれば今すぐ治る!」がマイエイジ(集英社)に掲載されました。
2020/01/28
院長の記事「運動療法についての疑問」が脊柱管狭窄症最高の治し方大全(文響社)に掲載されました。
2020/01/24
院長の記事「自分でできる腰痛・膝痛改善」が商工クラブ687号(日本商工倶楽部)に掲載されました。
2020/01/20
院長の記事「ひざ痛・関節痛のホームケアガイド」が元気のわ 新春号(㈱日本薬師堂)に掲載されました。
2020/01/12
院長の書籍「決定版! 関節痛を自分で治す名医のワザ」が宝島社から出版されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内
(2020年4月~の診療時間は更に下にスクロールしてください)

診察は予約制ではありません。事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土・日・祝
08:30

12:00
銅冶
銅冶
銅冶
銅冶
銅冶
休み
榎本 (榎本)
※2
榎本 榎本 榎本
09:00

12:30
  大川
※3
     
14:00

17:30
銅冶 (銅冶)
※4
銅冶 銅冶 銅冶
榎本 (榎本)
※5
榎本 榎本 榎本
14:00

17:15
手外科
※1
山内
※6
堀江
※7
   

※1:毎週月曜日
2020年4月-2020年6月 14:00-17:15 藤原医師(東京医科歯科大学手の外科)
2020年7月-2021年3月 14:00-17:15 田中医師(東京医科歯科大学手の外科)
※2:第1,2,4,5火曜日8:30-12:00 榎本医師 (第3火曜日8:30-12:00は休診)
※3:第4火曜日  初診9:00-12:30/ 再診9:00-12:30 大川教授(東京医科歯科大学)
※4:第3火曜日 14:00-17:30 院長 (第1,2,4,5火曜日14:00-17:30は休診)
※5:第1,2,4,5火曜日 14:00-17:30 榎本医師 (第3火曜日14:00-17:30は休診)
※6:毎週火曜日 14:00-17:30 山内医師(東京女子医科大学)
※7:毎週水曜日 14:00-17:15 堀江医師(杏雲堂病院)

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.