足と靴の外来

足部の衰え・変形で日常生活が困難に

クリックで拡大

足部は一見して単純な形をしているように見えます。しかし、その構造と機能は、実に複雑で繊細な構造をしているのです。足は、後足部(距骨・踵骨)と、中足部(足根骨)、前足部(中足骨、趾骨)の三つの部位に大別され、全部で二六個の小さな骨から構成されています。さらに、これらの骨と骨は靭帯(骨と骨をつなぐ丈夫な線維組織)と筋肉で結ばれ、縦方向と横方向に立体的な「アーチ」を形成しています。このアーチがあるおかげで、足部は体重を支え、全身のバランスを保ち、地面からの衝撃を吸収することができるのです。 
しかし、足部が知らぬまに衰えてアーチが保てなくなってしまった人が、数多く見られます。扁平足・外反母趾・内反小趾・開帳足・足底筋膜炎はその代表でしょう。変型によって、歩行中に足部の特定の部位に強い圧力がかかれば、その部分の皮膚を保護するための反応として、角質層が厚くなってタコ・ウオノメなどができやすくなります。そうした足部の変形により、痛みが生じて歩行のバランスが崩れ、ひざ痛や腰痛まで慢性化して日常生活にも支障をきたしてしまう人が、驚くほど多いのです。足腰の衰えが懸念される私たち日本人は、全身の体重を支える土台である足部の衰えや変形に、もっと関心を持つ必要があるでしょう。

ニュース
2019/08/20
院長の記事「転んで死ぬことになった60代以上の人たち」が週刊現代8月24・31日号(講談社)に掲載されました。
2019/08/19
院長の記事「ひざの痛み」が栄養と料理9月号(女子栄養大学出版部)に掲載されました。
2019/08/15
院長の記事「体重1㎏減で片足への負担が2~3㎏軽くなる」が日刊ゲンダイ(日刊現代)に掲載されました。
2019/08/08
院長の記事「腰の痛みナビ体操が効く3タイプの見つけ方とやり方」が日刊ゲンダイ(日刊現代)に掲載されました。
2019/07/17
院長の記事「30分に1回立って伸びを」が日本経済新聞(日本経済新聞社)に掲載されました。
2019/07/14
院長が若手・足を語る会で「足部運動方向用語の混乱」の演題で講演しました。
2019/07/01
院長の記事「自覚症状のない骨粗鬆症に備える精密な骨密度測定」がVOGUE8月号(コンデナストジャパン)に掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察は予約制ではありません。事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
湯浅
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

17:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

17:30
   山内 ※3 堀江
※5
野呂瀬
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-13:00湯浅将人医師(東京医科歯科大学)
※3:毎週火曜日15:30-17:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-17:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-17:30野呂瀬美生医師(東京医科歯科大学手の外科)
※当院は予約制ではありませんので、来院順にご案内しております。

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.