変形性膝関節症
(へんけいせい しつかんせつしょう)

膝関節を構成する大腿骨顆部、脛骨顆部、膝蓋骨の軟骨がすり減って、骨が変形し痛みを引き起こす病気です。明らかな原因の無い1次性変形性股関節症と、半月板損傷、靭帯損傷、関節内骨折などによる 2次性変形性股関節症に分けられます。1次性関節症は変形性関節症の中で最も発生頻度の高いもので、男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。膝関節は内側部と外側部および膝蓋大腿関節の3つ関節があり、その部位により内側型、外側型、膝蓋型の変形性関節症と分類します。

症状
主な症状は膝の痛みと変形および動きの悪さで、初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛みますが、徐々に正座や階段の昇降が困難となり、末期になると安静時にも痛みがとれず、膝が伸びずに歩行が困難になります。膝が脹れぼったく、膝が重いときは膝に炎症を起こして水がたまっていることがあります。内側型ではO脚変形、外側型ではX脚変形を起こし、膝蓋型では膝を曲げ伸ばしするときに音がします。
診断
膝の痛みと変形および動きの悪さがあることと、レントゲンで関節の隙間の狭小化や骨の変形の程度を診断します。MRIでは軟骨のすり減りの程度や骨の中の空洞や浮腫の程度を評価することができます。膝の痛みは腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症あるいは変形性股関節症から来る症状に似ていて、それぞれが合併することもあるので、鑑別診断をする必要があります。
治療
関節液の成分であるヒアルロン酸の関節内注射や炎症を抑えるステロイドの関節内注射もよく行われる治療です。しかし関節内注射は細菌が関節内に入ってしまう化膿性膝関節炎という合併症を引き起こす可能性があり、ステロイドは関節の破壊を助長する可能性があるので、長期間に渡って繰り返し関節内注をおこなうべきではありません。膝のサポーターは膝関節を安定化させるのに役立ちますが、筒状の柔らかいサポーターを着けるだけではあまり意味がありません。サポーターは圧迫力を調整できて、側方の支持ができるものが望ましいです。O脚変形やX脚変形が強くて不安定な場合には金属の硬い支柱つきのサポーターでしっかりと変形を矯正する必要があります。靴の中敷に角度をつけた足底装具で膝の変形を矯正することもありますが、扁平足や足首の靱帯損傷がないことを確認したうえで作成しないと、足部の障害を引き起こすことがあります。大腿四頭筋筋力強化や歩行訓練、水中歩行股関節を外側に開く働きのある中殿筋の筋力強化が有効だとよく言われますが、誰にでも適しているわけではなく筋肉トレーニングで痛みが強くなる場合もありますので、その方に合った運動療法を選択していくことが重要です。膝関節に対する負担を減らすための日常生活の注意は最も重要です。杖は心理的に抵抗がなければ使用することを勧めています。肥満傾向にある場合は減量したほうが負担を軽くできます。歩行は痛みの無い範囲でなら構いませんが、痛みがあるのに長時間歩くことは避けるようにします。膝の土台である足が安定すると膝の痛みも軽減されますので、外反母趾など足の状態を診断した上で、適切な靴を履くことが重要です。初期のうちは関節鏡での滑膜切除術や骨を切って変形を矯正する高位脛骨骨切り術などがありますが、関節の変形がすすんでいる場合は人工関節全置換術が行われます。人工関節は膝関節の痛みをとって動きを回復しますが、あくまでも金属や樹脂でできた人工物であるので、使っているうちに磨り減ってきて10数年経つと入れ替える手術が必要になることがあります。膝関節固定術は股関節や足関節による代償が必要となるため、人工関節が開発された現在は、あまりおこなわれていません。
ニュース
2019/10/02
院長の記事「カラダにOK! NG! 体操・動作・食事で「腰痛」は自分で治す」がぴあから出版されました
2019/10/01
院長の記事「腰痛対策スペシャル『やっていいこと、ダメなこと』」が週刊ポスト10月11日号(小学館)に掲載されました。
2019/09/16
院長の講演会「痛みナビ体操で坐骨神経痛を改善」が朝日カルチャー新宿教室で11/23土曜 13:00-14:30に開催されます。
2019/09/15
院長の記事「腰・ひざの痛みは自分で治せる!」がハルメク2019年10月号(株式会社ハルメク)に掲載されました。
2019/09/10
院長の記事「腰やひざの痛みをとって100歳まで歩ける体を作る」が月刊清流10月号(清流出版株式会社)に掲載されました
2019/09/04
院長の記事「3つの痛みナビ体操で頑固な腰痛よサラバ」が日刊ゲンダイ(日刊現代)に掲載されました
2019/08/30
院長の記事「 知っておきたい五十肩の真実」がエクラ10月号(集英社)に掲載されました
2019/08/26
院長の記事「首腰すっきり体操」が週刊朝日増刊号ハレやか10月号(朝日新聞出版)に掲載されました。
2019/08/20
院長の記事「転んで死ぬことになった60代以上の人たち」が週刊現代8月24・31日号(講談社)に掲載されました。
2019/08/19
院長の記事「ひざの痛み」が栄養と料理9月号(女子栄養大学出版部)に掲載されました。
2019/08/15
院長の記事「体重1㎏減で片足への負担が2~3㎏軽くなる」が日刊ゲンダイ(日刊現代)に掲載されました。
2019/08/08
院長の記事「腰の痛みナビ体操が効く3タイプの見つけ方とやり方」が日刊ゲンダイ(日刊現代)に掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察は予約制ではありません。事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
湯浅
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

17:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

17:30
   山内 ※3 堀江
※5
野呂瀬
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-13:00湯浅将人医師(東京医科歯科大学)
※3:毎週火曜日15:30-17:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-17:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-17:30野呂瀬美生医師(東京医科歯科大学手の外科)
※当院は予約制ではありませんので、来院順にご案内しております。

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.