腰部脊柱管狭窄症
(ようついついかんばんしょう)

椎間板は骨と骨の間にある軟骨で、衝撃を吸収するクッションの役割と背骨のつなぎ目として背骨全体の動きを出す役割があります。椎間板は外側の線維からなる線維輪と、その中のゼリー状の髄核から構成されています。椎間板は姿勢や動作の影響で負担がかかりますが、髄核がずれて線維輪に亀裂が入ると痛みが生じ、その状態が続くと徐々に椎間板の水分が減少して変性を起こし、クッションとしての機能が低下しますが、こうした状態を腰椎椎間板症と呼びます。

症状
症状は腰痛で、髄核がずれて線維輪に亀裂が入り急激に痛みが出るといわゆる「ぎっくり腰」といわれ、3ヶ月以上に痛みが続くと「慢性腰痛」をいわれます。痛みが無くても、腰のこりや違和感、動きの悪さなどとして自覚するときもありますが、このような状態を放っておくと将来腰痛になる可能性があります。ギックリ腰を起こした人の半分以上が、再発をくり返したり、腰痛を慢性化させていたりするといいますが、これは髄核のずれというギックリ腰の根本的な原因を残したままにした結果です。
診断
腰痛があることと、腰の動きで痛みが変化すること、および足の痛みやしびれがないことで診断できます。レントゲンでは椎間板腔の狭小化がみられることもありますが、明らかな異常が認められないこともあります。MRIでは椎間板の水分が減ることでの変性が認められることがありますが、初期の段階ではMRIでも異常がないこともあります。また、MRIで椎間板に異常が見られたからといって必ずしも全例に腰痛が出るわけではなく、症状と画像所見が一致しないこともよくあります。
治療
消炎鎮痛剤などの痛み止めの内服は、腰痛を抑えるための対症療法です。痛みが強いときには有効ですが、胃炎や胃潰瘍などの副作用が出ることもあるので漫然と長期間続けるべきものではありません。筋弛緩剤の内服も眠気などの副作用があり、長期間続けるべきものではありません。湿布は消炎鎮痛剤を布に付けたもので、痛み止めの作用が主な効用です。冷湿布と温湿布があり、温湿布はトウガラシの成分が含まれて暖かいような感じがしますが、温めているわけではありません。湿布も消炎鎮痛剤が皮膚から吸収されますので、副作用が出ることがあり、漫然と長期間続けるべきものではありません。牽引や電気治療あるいは温熱などの物理療法は、一時的に腰痛を和らげるかもしれませんが、腰痛ガイドラインでも明らかな根拠はないため推奨されていません。マッサージやハリ治療は、緊張した筋肉を緩めて一時的に腰痛を軽くする効果がありますが、しばらくするとまた腰痛が出てきます。痛みが楽になるのであればいいのですが、もみ返しといわれるようにかえって痛みが強くなることもあります。筋肉のコリは椎間板が傷んで周りの筋肉が緊張することが原因なので、筋肉を緩めるだけでは根本的な治療にはなりません。

整形外科の病気一覧

お茶の水整形外科からのお知らせ
2017/08/15
夏季休暇明けの815日(火)からは、通常の診療を行ないます。
2017/08/15
骨密度測定器DEXAを導入しました。
2017/07/05
院長の記事「膝と腰を痛める体操」が週刊現代(講談社)に載りました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
       
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
  鈴木
※3
横山
※4
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週水曜日15:30-18:30鈴木聡医師(東京医科歯科大学膝関節グループ)
※4:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科グループ)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。