独自の栄養指導で腰痛・関節痛を克服

腰痛や、股関節痛・ひざ痛などの関節痛で悩む人は、一般に五十歳を過ぎるころから急に増えてきます。「年のせい」で片づけられることも多いのですが、これらの慢性痛はさまざまな原因が重なり合って発症します。ネコ背や前屈みでの動作など積年の不良姿勢による背骨への負担の増大、運動不足による関節の拘縮(こわばって可動範囲が狭まること)、体の酷使による軟骨のすり減りや筋肉疲労など、あげていけば切りがないくらいです。一般的な整形外科では現在、腰痛や関節痛を招く数々の原因に対処して痛みを和らげるために、けん引や投薬などの治療が盛んに行われています。ところが、こうした治療を駆使しても、腰痛や関節痛を克服できない患者さんが大変多いのです。 
現在の整形外科の治療には、極めて重要なことが一つ、ポッカリと抜け落ちているように思えてなりません。それは、「食事療法」です。食事療法というと、高血圧の減塩食や腎臓病の低たんぱく食など内科領域の話と思うかもしれません。しかし、私は整形外科でも食事療法をもっと重視すべきだと考え、当院独自の栄養指導を行うことで、腰痛や関節痛の克服に役立ててもらっているのです。

栄養療法メニュー

お茶の水整形外科からのお知らせ
2017/08/15
夏季休暇明けの815日(火)からは、通常の診療を行ないます。
2017/08/15
骨密度測定器DEXAを導入しました。
2017/07/05
院長の記事「膝と腰を痛める体操」が週刊現代(講談社)に載りました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
       
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
  鈴木
※3
横山
※4
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週水曜日15:30-18:30鈴木聡医師(東京医科歯科大学膝関節グループ)
※4:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科グループ)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。