物理療法

物理療法とは

2つの異なる周波を交差させることにより、皮膚に対する刺激はソフトですが、深部まで届く電気刺激を発生させることができます。電気刺激で筋肉の凝りを取り除き、血流を増大させることにより、体の痛みを軽減させます。
・適応疾患:腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰痛症、膝の痛み、肩こり、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症、関節リウマチ、坐骨神経痛、テニス肘、五十肩など

振動と温熱で患部を深部まで温め、組織の血流を改善し炎症性物質や老廃物が排泄され、新陳代謝を促進させます。血行不良からくる痛みや関節の硬さを和らげ、神経の過敏性を緩和し炎症を軽減します。
・適応疾患:腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰痛症、膝の痛み、肩こり、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症、関節リウマチ、坐骨神経痛、テニス肘、五十肩など

骨折部位に毎日、超音波を一定時間あてることにより、骨折部の治癒を促進します。超音波治療を行うことによって、骨折治癒の期間が40パーセント短くなったという研究結果もあります。「先進医療」に承認された医療ですが、保険診療で治療をうけることができます。
・適応疾患:各種骨折、難治性骨折など

空気圧によってブーツ内の加圧・除圧を繰り返すことで、リンパ液や静脈血の還流を促します。老廃物が排泄され、新陳代謝を促進させることで、痛みや関節の硬さを和らげ炎症を軽減します。
・適応疾患:足のむくみ、リンパ浮腫、下肢静脈瘤、変形性膝関節症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなど

 

ジェットシャワーの水圧で、当たりが柔らかく、心地よい浮遊感のあるマッサージをおこないます。当血行促進などの一般的なマッサージ効果に加え、静かな波の揺らぎに身を任せているような、上質のリラクゼーション効果が期待できます。また、足部エアバッグが脚の開きを防止し、最適な脚位置を保持。噴流がふくらはぎから太ももを的確に刺激します。
・適応疾患:腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰痛症、肩こり、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症、関節リウマチ、坐骨神経痛など

 

お茶の水整形外科からのお知らせ
2017/09/25
院長の講演会「『痛みナビ体操』でひざ痛解消」が朝日カルチャーセンター(新宿教室)で、2017年 11/25土曜 10:30-12:00に行われます。
2017/09/15
院長の記事「サックス奏者のカラダの悩みを改善!」がサックスワールド(ホットリバー)に載りました。
2017/09/01
院長の著書「4万人の腰部脊柱管狭窄症を治した!腰の痛みナビ体操」がアチーブメント出版より出版されました。
2017/08/15
ホロジック社の全身型骨密度測定装置(デキサ)を導入しました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
       
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
  鈴木
※3
横山
※4
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週水曜日15:30-18:30鈴木聡医師(東京医科歯科大学膝関節グループ)
※4:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科グループ)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。