膝の痛み 
58歳、男性、千葉県、会社員

 私は、今年のゴールデンウィーク中にテニスをやりすぎ、左膝を傷めてしまいました。痛みがひどいときには、膝を曲げることも、歩くこともできませんでした。勤め先の近くの整形外科でヒアルロン酸の注射を打ったり、膝周辺の筋力をアップするリハビリを続けたりしましたが、痛みが和らぐことはありませんでした。

 お茶の水整形外科のことを知ったのは、今年の8月、書店で手にした雑誌を読んだことがきっかけでした。お茶の水整形外科を訪ねて指導を受けると、先生は膝の体操を行って、膝をしっかりと伸ばす必要があると教えてくれました。そこで早速、自宅で膝の体操を2時間おきに繰り返し行いました。すると、体操を行うたびに膝の可動域(動かせる範囲)が広がっていくのがわかりました。そして3日めには、かかとがお尻につくまで膝が曲がるようになり、痛みなく正座ができて感激しました。また、歩行時に膝が痛むこともなくなりました。膝の体操を続けて、膝痛の完治をめざします。

患者様の声 膝の痛みのケース

お茶の水整形外科からのお知らせ
2018/04/16
院長の記事「ひざの痛みに人工関節」が講談社週刊現代に掲載されました。
2018/04/12
洋泉社より「100歳まで元気に歩く正しい歩き方」が出版されました。
2018/04/09
4月16日(月)より、受付と会計は2階に移動となります。
2018/04/02
院長が4月2日TBS「名医の太鼓判!」腰・股関節・膝の痛みの改善に出演し、ラサール石井さんのひざ痛と犬山紙子さんの腰痛を治しました。
2018/03/16
院長の記事「腰・膝の痛み医者が教える最強の消痛術」が講談社週刊現代に掲載されました。
2018/03/10
院長の記事「20代から守らなきゃ!肩と腰」が集英社モアに掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
 山内 ※3 堀江
※5
横山
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。
※施設管理者:銅冶英雄

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.