インソール 
65歳、女性、東京都、主婦

 両膝に痛みが出はじめたのは、昨年の12月下旬でした。しばらくすると水がたまりだし、近所の整形外科で水を数回抜いてヒアルロン酸の注射を打つようになりました。しかし、それでも痛みは治まらないため、1月下旬にお茶の水整形外科を受診しました。歩行時に両膝の内側に痛みがあり、階段の上り下りや段差、足の曲げ伸ばしに苦労していました。寒い時期ということもあり、底冷えで膝がズキズキ痛んで、最近は外出時には杖(つえ)を使うようになっていました。レントゲンを撮ると、膝の内側の骨と骨のすき間が狭くなり、軟骨が磨り減って、典型的なO脚にともなう変形性膝関節症のため、膝の内側が痛むようになったといると言われました。

10日後には痛みが消え水もたまらなくなった

 膝と腰のリハビリの指導とともに、軍手インソールで外側ウェッジを入れてもらいました。両足のかかとの外側部分に、軍手の小指と人さし指の部分を6cmくらい切り取って2枚重ねにして貼ったのです。軍手インソールを入れると、背すじが伸びて足が軽くなり、歩きやすくなりました。10日後の再診時には、すでに両ひざの痛みはなくなり、水もたまってないと言われました。さらに一週間後に、3回めの診察がありましたが、痛みは消えたままで調子がいいので、オーダーメードのインソールを健康保険で作製し、今でも毎日愛用しています。

患者様の声 インソールのケース

お茶の水整形外科からのお知らせ
2018/06/14
院長が朝日カルチャーセンター横浜で、8月4日13時~講演をおこないます。
2018/06/06
院長の記事「猫背のリスク」が週刊文春に掲載されました。
2018/05/30
院長がテレビ東京「主治医が見つかる診療所」に出演し、内山君にもどきご飯を紹介しました。
2018/05/25
院長の記事「首の痛みをセルフケアで解消」が日経ヘルス健康情報に掲載されました。
2018/04/16
院長の記事「ひざの痛みに人工関節」が講談社週刊現代に掲載されました。
2018/04/12
洋泉社より「100歳まで元気に歩く正しい歩き方」が出版されました。
2018/04/09
4月16日(月)より、受付と会計は2階に移動となります。
2018/04/02
院長が4月2日TBS「名医の太鼓判!」腰・股関節・膝の痛みの改善に出演し、ラサール石井さんのひざ痛と犬山紙子さんの腰痛を治しました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
 山内 ※3 堀江
※5
横山
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。
※施設管理者:銅冶英雄

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.